生粋(イキイキ)ぞうすい 低カロリーダイエット

3キロの減量に成功しました!

私の体重は、このブログを始めた2008年12月で93.8キロでした。

23年前に結婚した当時は、72キロでしたから、結婚して30キロ太ったわけです。

最高で98キロまで行きましたが、なんとか100キロの大台には乗らずに済みました。

今朝計った体重は、なんと・・・・90.4キロでした。

やっていることといえば、エクスパンダーやダンベルで腕の筋肉運動をする以外は、買い物などで、近所のサティまで歩いて行き、サティ内をくまなく歩くことくらいですね。

先日は、サティ内を歩き回っているうちに、脚が攣り始めました。笑。

ふくらはぎが痙攣しだしたのです。やはり、体重を支えるのが脚に負担が大きいのでしょうか。

2年ほど前は、膝が痛くて階段が辛かったこともありますが、今は、マンションの階段を1段とばしで駆け上がっています。

この調子で、80キロ台を目指したいと思います。80キロ台というのは恐らく5年以上ぶりだと思います。

最大の原因は、夜にご飯を1膳しか食べないことだと思います。めったにお替りはしません。夜間は、マッコリか日本酒で、当てはなしです。
【韓国食品・韓国酒・マッコリ】日本初!絶対に一度は飲んでみる価値あり!【NEW】 麹醇堂(ク...

朝食は抜くことが多いです。これも大きいですね。深夜のお酒が朝食代わりですね。

それと、水やお茶を近くにおいて、常時摂取しています。
これは、痛風や結石にならないための予防です。

パワーポップス安心輸入元サイト【Design for Life】
タグ:減量

久々の体重80キロ台を満喫中

痩せた自分をイメージすることで痩せられる、ということを聞いて、やせた自分をイメージするようにしています。

エスカレーターに乗って、横の鏡に映った自分の全身の体型に、ぞっとしたことがあります。

身長が178センチもありながら、全然スマートでない自分。顎の辺りが弛んできてはっきり言って「醜い」自分の姿にがっかりしました。

若い頃のスマートな自分を思い出そうとしています。石田純一のような自分を想像しています。イメージコントロールは大切ですね。

ダイエットへの意欲が心底からわいてきます。

ところで、久々に80キロ台を満喫しています。5キロほど痩せたのですが、残念ながら、外観上はほとんど変わっていません。

むしろ、糖尿病やガンが心配です。節制していないのに痩せてきているので。

軽い散歩位しかしていませんから。ゴールデンウイークはどこかに春の花を見に行きたいですね。

04280002.jpg

6キロ減で体重が安定してきた

最近、体重が88キロ前後で安定してきました。

少し前まで、94キロで安定していましたから、6キロ減での安定で満足しています。

やっていることといえば、たまの散歩と、毎日の入浴。入浴は相当汗をかきます。

また、水ダイエットもしています。500mlのペットボトルに常時水を入れて、机上においています。

水は水道水をブリタの浄水器で飲用にした水です。ブリタでろ過すると、水道水がまろやかになります。インスタントコーヒーの味もアップしました。

ブリタ 浄水器・カートリッジ

ただ、急に痩せたので、病気が心配です。「メタボ検診」を近々受診しようと思っています。国保加入者は、近隣の医療機関で千円で受診できるようです。

ガンが心配な方は、まさかの時のためにガン保険を検討すべきでしょうね。特約で入っている方も増えているようですが。

ガン保険の資料請求→【漫画で紹介】業界初!自由診療も補償するがん保険

水ダイエットで94キロ⇒86キロ台突入

水ダイエットでこんなに痩せられるとは、予想外でした。

それに、水が甘くて美味しいんですね。

「こっちの水は甘いぞ」という蛍の歌がありましたが、水が甘いなんてあまり感じたことがないです。

ずっと遠い子供の頃、山の湧き水を飲んで甘く感じたことがありますが、水道水が甘く感じるのは、大人になって初めてではないでしょうか。

ブリタで浄水した水をペットボトルに入れて飲んでいるだけなんですが、ほんとにお水が「甘い」んです。

水ダイエットは、お金がほとんど掛からず、続けやすいというのが第一なんですが、水を常時飲んでいると、新陳代謝が良くなって、便秘が治りますし、食欲も減退して、間食しなくなるんですね。これは大きいです。

3食はきちんと取れますが、3時のおやつとか、夜のつまみ食いがなくなります。

水は、適量を常時(たとえば、30分おきくらいに)飲んでいますので、口元がさびしくならないです。

しかも、ブリタのおかげでお水が「甘い」ですから。

経済的に余裕のある方は、アクアクララを設置するのもいいですね。24時間手間要らずが魅力です。ただ、ランニングコストが多少掛かります。



体重減少の原因が分かった(ショック!)

大幅な体重減少で調子に乗っていましたが、6月18日「メタボ検診」で、糖尿病と診断されました。

しかも、体重減少を伴っていることから、初期ではなく、進行しているとのこと。血液検査の結果が出る3日後に、大病院への紹介状を書いてもらい、検査に行くことになりました。ブルブル・・・

すでに高血糖の状態ですから、目に来れば失明、腎臓に来れば人工透析、足に来れば下肢切断という最悪の結果が待ち構えています。

糖尿病の恐ろしさについては、自分のブログにも散々書いていながら、自分は大丈夫と過信していました。

それが、今や恐怖のどん底に。ひょっとしたら入院かもしれません。

天国から地獄へまっさかさまです。

とりあえずは、精密検査まで、甘いものと酒は絶ち、野菜・海草・きのこ中心の食事で様子を見ます。

運動不足がたたりました。皆さんも他山の石として、気をつけてくださいね。

【糖尿病郵送検診キット】 肥満・運動不足が気になる方へ!【【アルバの郵送検診キット】自宅でカンタン、健康チェック!】

新ブログ「糖尿病 闘病日誌」を始めました。

痩せたい痩せたいと思っていたら、皮肉にもメタボの極致である糖尿病になってしまい、10キロも痩せてしまったという、笑い話です。

もはやダイエット云々を語る資格はありませんので、本ブログは、更新を停止いたします。

私は、必死になって、糖尿病を完治させたいと思っています。

それで、下記のブログに記録して、今後糖尿病になった人や、なりそうな人の参考にしていただければと考えています。

といっても、第一義は、自分の闘病生活のモチベーションを高めるためです。

糖尿病 闘病日誌

糖質制限は、中高年の体に優しいダイエット

中高年になれば、ただ単に痩せればいい、体重が落ちればいい、というんじゃなくて、癌や脳梗塞を誘発しないような健康的なダイエットを実行すべきですよね。

糖尿病の私は、極力「炭水化物」を摂らない食事を心がけるようになりました。

その結果、半年前に92キロあった体重が今や84キロ台です。

随分体が軽くなった感じですし、首周りもスッキリして、若い頃の男前が戻ってきたように思います。

糖質制限は、中高年の低い体力の体にも、無理をしないので、非常に優しいダイエットだと思います。

野菜や果物をたっぷり食べるので、脳梗塞や癌など、成人病の予防にもつながると確信しています。

もちろん、糖尿病には効果絶大で、ヘモグロビンA1Cも1,0以上も下がりました。だいたい、炭水化物を取らなければ、血糖値は挙がりようがないのです。

とはいえ、ごはんやパンを食べない分、お肉や脂肪をとりがちなので、血中のコレステロールや中性脂肪の数値に注意すること、高たんぱくによる腎臓への負担を考慮することが大事だと思います。

糖質制限は、確かにダイエットに効果的ですが、万能薬と考えずに、血液検査の結果を十分見極めながら実施していく必要があると思います。

来年の前半には、ぜひとも久しぶりの80キロ割れを実現したいところです。糖質制限ダイエットをこれからも続けていきたいと思っています。

 
タグ:糖質制限
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。