生粋(イキイキ)ぞうすい 低カロリーダイエット

糖質制限は、中高年の体に優しいダイエット

中高年になれば、ただ単に痩せればいい、体重が落ちればいい、というんじゃなくて、癌や脳梗塞を誘発しないような健康的なダイエットを実行すべきですよね。

糖尿病の私は、極力「炭水化物」を摂らない食事を心がけるようになりました。

その結果、半年前に92キロあった体重が今や84キロ台です。

随分体が軽くなった感じですし、首周りもスッキリして、若い頃の男前が戻ってきたように思います。

糖質制限は、中高年の低い体力の体にも、無理をしないので、非常に優しいダイエットだと思います。

野菜や果物をたっぷり食べるので、脳梗塞や癌など、成人病の予防にもつながると確信しています。

もちろん、糖尿病には効果絶大で、ヘモグロビンA1Cも1,0以上も下がりました。だいたい、炭水化物を取らなければ、血糖値は挙がりようがないのです。

とはいえ、ごはんやパンを食べない分、お肉や脂肪をとりがちなので、血中のコレステロールや中性脂肪の数値に注意すること、高たんぱくによる腎臓への負担を考慮することが大事だと思います。

糖質制限は、確かにダイエットに効果的ですが、万能薬と考えずに、血液検査の結果を十分見極めながら実施していく必要があると思います。

来年の前半には、ぜひとも久しぶりの80キロ割れを実現したいところです。糖質制限ダイエットをこれからも続けていきたいと思っています。

 
タグ:糖質制限
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。