生粋(イキイキ)ぞうすい 低カロリーダイエット

デブがマラソンに参加することの危険性

3月22日の東京マラソンの開催日に「ジャンクスポーツ」の生放送で、当日完走した芸人たちやスポーツ選手が登場して盛り上がっていました。

この東京マラソンで驚いたのは、ほとんどの参加者が完走しているということです。

40キロを超える距離で、10人中9人が完走するとしても信じられないような話です。正確には、なんと完走率97%です。

気持ちや意気込みがいかに大切かということでしょうか。もちろん、レースに向けての準備を怠らなかったということもあるのでしょう。

参加するには、7倍以上の競争率があったそうです。

しかし、一番驚いたのは、デブ芸人松村邦洋の心肺停止事故です。

口から泡を吹いて倒れ、一時は心肺停止にまでなったというのです。

処置が遅ければ、死んでいた可能性もあります。

一時意識消失の松村邦洋、急性心筋梗塞による心室細動が原因だった
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090323-00000009-oric-ent

デブがマラソンをする場合は、やはり、危険が伴いますね。にドクターストップがかかって、出場を棄権したというのは、正解だったかもしれません。

デブがマラソンに出場すると、まずは膝を痛めますが、それ以上に怖いのは、急性心筋梗塞による心室細動ですね。松村も練習中だったら処置が遅れて死んでいたでしょう。

私もホノルルマラソンを心の片隅で微かに夢見ていますが、まずは、現行の体重90キロを75キロまでにしないと参加は命取りになる可能性がありますね。

安易にマラソン参加などと口にすべきではないですね。

ウォーキングで足腰を鍛えながらダイエットしていき、正常なコレステロール値の状態で参加しようと改めて思いました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。